Google Analytics って何?

-このページをシェアする-

パン屋をやっているサナです!ヤマダさんにはインターネットで困ったことがあったらすぐに相談してます🙏

1. Google Analytics って何なの?

この間、知り合いのWebデザイナーの子に「Google Analytics」いれた方がいいですよって言われたんだけど、なにそれ?

Google Analytics は検索エンジンで有名な会社「Google LCC」が提供しているWebサイトやアプリの利用者の情報を調査するためのサービスです。

会社のホームページなどにGoogle Analyticsのコードを埋め込むと、ホームページに訪れた人がどのページを見ているかや、どうやってホームページに訪れたかなど、マーケティングに役に立つ様々な情報を計測することができます。

Google Analyticsは、Googleが無料で提供するWebページのアクセス解析サービス。 元々はGoogleが2005年に買収した、米国のWeb解析ソリューションプロバイダー・Urchin社の技術を利用している。

利用者と対象サイトを登録して対象サイト内にタグ埋め込むことで、基本的なアクセス情報として以下のものが入手できる。

・訪問者数
・閲覧ページ数
・滞在時間・訪問回数・訪問頻度
・訪問者のサイト内移動経路
・訪問者の検索キーワード
・訪問者の来訪前経由サイト
・訪問者の最初に開いたページと最後に開いたページ
・訪問者の使用PC等の画面解像度、ブラウザの種類、回線の種類、プロバイダ、アクセスしてきた国・地域
・広告クリック数と収益

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

ホームページに訪れた人が見たページとか、お店の名前で検索して見に来てくれたのか、SNSから飛んできたのかとかがわかるんだね。

2. 具体的に何の役に立つの?

データが取れるって意味はわかるんだけど・・・。結局それが何の役に立つの?

具体的なイメージを出した方が伝わりやすそうですね。一部うちの会社のGoogle Analyticsのデータを見せます。

これは、当社のホームページのGoogle Analyticsのデータの一部で、トップページを、パソコン・タブレットで見た人とスマートフォンで見た人の比較です。

うん。パソコン・タブレットでページを見た人の方が2倍以上も数値が高いね。
ってことで合ってる?

合ってます!このデータがわかると、ホームページをリニューアルするときに「うちのサイトはメインでPCで見てる人が多いから、デザインはPCサイトから作ろう」って考え方ができますよね。

このように数値をもとに判断ができるようになる。というのが大きな価値で、データを見て検証・改善を重ねていくWebマーケティングでは重要なサービスなんですよ!

なるほどね!どんな風に役に立つのかが少しわかった気がする!

まとめ

・Google Analytics はホームページやアプリの利用者の情報を調査するためのサービス

・ホームページに訪れた人がどのページ見たか、お店の名前で検索したのかSNSから見に来たのかなどがわかる

・データを見て検証・改善を重ねていくWebマーケティングでは重要なサービス

-このページをシェアする-