旅行系サービスサイトでリニューアルにより収益が2倍に上昇

ご覧のページでは、一部詳細情報の閲覧には制限を掛けてさせていただいております。
予めご了承くださいませ。お問い合わせはこちら

対象サイト

※対象サイトの詳細情報は非表示にしております。

月間10万PV規模の旅行系のサービスサイト

目的

2017年1月から、沖縄の一部地域向けのアクティビティ予約サイトとして運営されていたサイトを、サービスの収益性の向上、ユーザー体験の向上を目的にリニューアルを実施する運びになった。

課題

サイトリリースから1年が経過し、GoogleAnalyticsによるデータ計測はできていた。
計測されたデータを見るに、収益につながっているユーザーの導線の多くは「トップページへの指名検索」であることが特定できた。
なので、トップページからユーザーが来訪すると仮定した場合に、いかにCV(コンバージョン)までをわかりやすくフォローするかを重要視してリニューアルを実施した。

改善項目

  • サイトのロゴ上に「〇〇を予約するなら〜」といったユーザーの目的と同一の文言を追加
  • イメージ画像だけだったメインスライダーに文言設定を可能にし、わかりやすく改善
  • 問い合わせのみだったナビゲーションに電話番号やLINE@といったバリエーションを持たせ、ユーザーに合わせて対応できるように変更
  • グローバルナビに、ユーザーがそれぞれの目的から探せるよう目的別リンクを設置
  • CVRと収益性の高いLPページをページ上部に配置
  • スマートフォンのハンバーガーメニューから、目的に合わせて遷移できるリンクを設置

改善項目の狙い

トップページからユーザーが来訪すると仮定した場合に、いかにCV(コンバージョン)までをわかりやすくフォローするかを重要視している。
主に離脱率防止と、目的の情報への到達率を向上させ、収益改善を狙っている。

変更前イメージ

変更後イメージ

調査結果

こちらの調査詳細データには、制限を掛けてさせていただいております。
ご理解のほどよろしくお願い致します。お問い合わせはこちら

改善前(11/24 -11/30) 改善後(12/01 – 12/07)
直帰率 59.9% 55.39%
CV率 0.44% 0.75%

 

※セッション数、ページ/セッション、サイト収益は非表示にしております。

担当者の所感

ウェブサイトのリニューアルにより、前後1週間の比較で収益が2倍になったことはとても嬉しかったです。

ユーザー目線で適切な最適化を行えば、目に見える成果が出せることの良い証明になったのでは無いかと思います!

GoogleAnalyticsのデータが、かなり初期から綺麗に残っていて、かつeコマース周りの計測まで細かくできていたこと、クライアント様の方でも細かな情報を持っていて、ご要望とセットで共有をいただけたことでとてもリニューアル自体も進めやすかった印象です。