アパレルECサイトの改善により平均セッション時間を+20s 、収益+10%を達成

ご覧のページでは、一部詳細情報の閲覧には制限を掛けてさせていただいております。
予めご了承くださいませ。お問い合わせはこちら

対象サイト

※対象サイトの詳細情報は非表示にしております。

アパレル関係のECサイト

目的

当該ECサイトの収益改善のため

課題

改修対象のランディングページへ到達しているユーザーは、半数以上が指名検索(ECサイトの名前で検索を行い購入しているユーザー)だった。

改修前のページでは、ユーザーが当該ECサイトにもとめている価値をクリティカルに表現するコンテンツがなく、春夏秋冬やクリスマス、三が日などのイベント用のコンテンツや新作や再入荷商品を公開するものがほとんどであった。

改善項目

ユーザーが解決したいことの対応方法について、クリティカルかつわかりやすいデザインで、
情報発信から一歩前進した、提案性のあるコンテンツを用意

改善項目の狙い

※こちらの情報は非表示にしております。

変更前イメージ

アパレルECサイトのワイヤーフレーム(改善前)

変更後イメージ

アパレルECサイトのワイヤーフレーム(改善後)

調査結果

こちらの調査詳細データには、制限を掛けてさせていただいております。
ご理解のほどよろしくお願い致します。お問い合わせはこちら

改善前(03/20 – 03/26) 改善後(03/27 – 04/02)
平均セッション時間 4:13s 4:31s
直帰率 41.88% 40.01%

 

※セッション数、新規ユーザー、ページ/セッションは非表示にしております。

担当者の所感

来訪ユーザーの属性を、クライアント様からの情報と会員情報から分析し、
より確度の高いコンテンツになるように細かくすり合わせを行いながら改修を行いました。

結果として収益性を安定して改善できたので良かったです。