EC-CUBE 商品詳細ページの最低限やっておきたいSEO対策

EC-CUBE 4系を使って自社通販サイトを立ち上げたあと、集客方法に頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか。

お客様にサイトに訪れてもらうためには、広告や口コミ、検索エンジンからの流入(SEO)など、様々ありますが、今回は、EC-CUBE 4系で作られた商品詳細ページへのSEO対策についてご紹介します。

尚、EC-CUBE 4系のサイト全体のSEO対策については、以下の記事で網羅的に解説していますので、ぜひ参考にしてください。

EC-CUBE 4系のSEO対策/オープン前にやってほしい項目一覧

1. 商品ページのSEO対策は必要?本当に効果ある?

1-1. 検索結果に表示されるのは、多くの人が求めている情報

Googleなどの検索エンジンは、「検索した人が探している情報を、簡単に見つけられるようにサポートする」ことを価値として提供してるサービスです。

そのため、100人が同じ検索キーワードで情報を探した場合、少数が探している情報よりも。大多数が求める情報の方が上位に表示されるようになっています。

仮にあなたが、ブランドみかんの通販サイトをオープンして、「みかん 通販」と検索された時に、商品ページを検索結果に上位表示させたいと思っても、実際に「みかん 通販」で検索する人は、「楽天市場で買いたい」「Yahoo!ショッピングで買いたい」という人たちが圧倒的多数を占めることは、想像に難くないでしょう。

このように、検索エンジンは大多数の検索意図によって順位が決められるので、狙ったキーワードで表示させるというのは非常に難しいのです。

1-2. 商品を欲しい人が探したときに、見つけられる状態になっていることが重要

では、「SEO対策なんて考えるのは無駄なことなのか?」というと、そうではありません。

「みかんを通販サイトで購入したい」と考えている人は、「みかんなら何でもいい」と考えている人だけではなく、「熊本産のみかんが食べたい」「シャキシャキした食感がいい」「おばあちゃんに好物のみかんを贈りたい」など、様々なニーズが存在します。

こういったニーズをもった人たちは、「みかん 通販」で目的の商品が見つけられないと、「みかん 通販 熊本産」「みかん 通販 シャキシャキ」「みかん 通販 ギフト」など、あの手この手で目的の商品を探して、目的の商品を見つけたり、諦めたりします。

検索エンジンが読み取りやすい状態にしておくことは、どこかにいる「あなたのお店の商品を欲しい人」に見つけてもらうためにとても重要なことなのです。

2. 商品詳細ページのSEO対策にオススメのEC-CUBE 4系プラグイン

EC-CUBEでは、各商品ごとにページの<title>や<meta name=”description”>を変更する機能が、デフォルトでは備わっておりません。当社では、無料のプラグインとして「商品ページ毎に<title>や<meta name=”description”>を設定できるプラグイン」を公開しています。

EC CUBE 4.1系で 商品ページのSEOタイトル/SEOディスクリプションを個別に設定するプラグイン

また、検索エンジンにページ内の文脈を読み取ってもらうためには、<h2><h3>といった見出しタグでのマークアップを行うことが好ましいと言われています。ですが、HTMLを普段触らない方からすると、このマークアップはとても難しい作業なので、Wordのようなエディタで見出しタグの設定ができるプラグインも用意しています。

上のプラグインよりも重要度は落ちますが、こちらもぜひ導入してもらいたいプラグインの1つです。

EC CUBE 4系の機能拡張プラグイン「管理画面WysiwigEditor化機能」を公開しました

3. 商品詳細ページのSEO対策

【このページで紹介するSEO対策一覧】

  1. 適切な<title>,<h1>タグの設定
  2. <meta name=”description”>タグの設定
  3. 適切なマークアップで情報を充実させる
  4. 画像の最適化やaltタグの設定

3-1. 適切な<title>,<h1>タグの設定

<title>タグは、通販サイトのページごとに設定される、文字通りページのタイトルとなる要素です。

お客様が、ブラウザで通販サイトを閲覧している時に表示される要素ではありませんが、検索エンジンの検索結果のページタイトルとしてであったり、通販サイトに訪れたあとのブラウザのタブに表示されたり、ブックマーク時の名前として設定される重要な設定です。

<h1>タグは、<h1>,<h2>,<h3>,<h4>,<h5>,<h6>と6種類ある見出しタグの1つ。見出しタグの中でも最も大きく表示される大見出しを表す要素です。

(出典:EC CUBE 4系のSEO対策/オープン前にやってほしい項目一覧

<title>,<h1>タグは、検索エンジンが、そのページが何のページなのかを解釈する上で、非常に重要だと言われている要素です。

<title>は、デフォルトでは「ショップ名 – 商品名」という表示になっており、上で紹介した「商品ページ個別SEO設定」を有効化すると、商品編集ページ内から上書きできますので、ぜひご利用ください。

検索結果に表示される title タグ
検索結果に表示される title タグ

<h1>タグは、デフォルトではショップ名になってますので、こちらは商品名も<h1>になるように以下の修正を行いましょう。

──── <h1>タグの変更方法 ────

  1. EC CUBEの管理画面にログインする
  2. 「コンテンツ管理>ページ管理」に移動する
  3. 「商品詳細ページ」の編集画面に移動して、282行目を以下に変更
    <h1 class="ec-headingTitle">{{ Product.name }}</h1>

(出典:EC CUBE 4系のSEO対策/オープン前にやってほしい項目一覧

通販サイトの商品詳細ページイメージ
赤枠の箇所がh1タグでマークアップされます

ここまでの設定で、<title><h1>タグには、商品名もしくは独自のSEOタイトルを設定できるようになっているはずです。

設定する商品名は、SEOの観点からいうと独自性のあるオリジナルの商品名よりも、一般の方が理解しやすいように、その商品を探すときに最もポピュラーな一般的な名称から始めるのをおすすめします。また、検索エンジンで表示される時には文字数の制限があるので、あまり長い名称は避けましょう。

OK例 NG例
温州みかん 長島町産 1kg入 高糖度 出荷量No.1 長島名産 当店オリジナル早摘み温州みかん

3-2. <meta name=”description”>タグの設定

メタディスクリプションは、Googleなどの検索エンジンで、検索結果にヒットしたときの紹介文として表示されます。検索したお客様が、検索結果の画面内で目的のページを探すための手がかりになる情報ですので、ページの魅力をわかりやすく伝えることで、お客様にサイトへの誘導を促すことができます。

(出典:EC CUBE 4系のSEO対策/オープン前にやってほしい項目一覧

Google 検索結果 meta description
検索結果に表示される description の表示イメージ

EC-CUBE 4系では、商品ページのメタディスクリプションは、以下の登録情報が優先度順に表示される仕様になっています。

  1. 商品設定 / 商品説明(一覧)
  2. 商品設定 / 商品説明
  3. ページ管理 / 商品詳細ページ / メタ設定

商品ごとの<meta name=”description”>の設定を行う場合、商品説明(一覧)を使うと、商品のカテゴリーや検索結果のページに表示されてしまったり、商品説明だと商品詳細ページの目立つ場所にも表示される仕様なので、当社で開発・公開しているプラグイン「商品ページ個別SEO設定」を使うことをオススメします。

3-3. 商品の説明を充実させ、適切なマークアップを行う

商品の特徴や魅力をきちんと書き出して、お客様はもちろん、検索エンジンを通して見つけてもらえるような商品情報を発信しましょう。

ありがちな惜しい例として、「ジューシーで、酸味と甘さのバランスが絶妙です。〇〇の豊かな水はけの良い土壌と、日照時間の長い温暖な気候で、旨味たっぷり高糖度に仕上がっています」のように、人であれば能動的にみかんのページを見に来ているのでわかるが、検索エンジンなどのロボットからは何のページかわからなくなるような文章になっていることがあります。

きちんと、説明文だけで商品の説明として意味のわかる文章となっているか、確認するようにしましょう。

また、上で紹介した「管理画面WysiwigEditor化機能」を使うなどして、<h2><h3>といった見出しをつかってわかりやすく商品ページを作ることで、より検索エンジンからの流入を狙うことができます。

3-4. 画像の最適化やaltタグの設定

Googleの検索エンジンでは、ページの読み込み速度や遅延、読み込み時のズレなどの指標(ページエクスペリエンス)も検索順位を決める要素の1つとしています。

通販サイトでは特に画像が多くなりがちですので、画像の軽量化や最適化(Webp化など)が、サイト全体のパフォーマンスに繋がり、良いSEO対策となります。

また、画像に設定できるalt属性は、画像の内容を検索エンジンに伝えたり、読み上げソフトや画像が表示されないケースでも、何の画像だったのかを知るための情報になる重要な要素ですので、こちらも忘れずに設定するようにしましょう。

4. 株式会社カジヤでは、EC CUBE4系のプラグイン開発や制作・カスタマイズを承っております

当社では、通販サイトの立ち上げからカスタマイズだけでなく、Webコンサルティングや日々の更新業務の代行まで、幅広くサポートを行っております。(参考料金についてはこちらをご確認ください)。

EC-CUBEのカスタマイズやリニューアル、新規オープンのご相談や、通販の売上UP、メディア集客でお困りのことがございましたら、以下フォームよりお気軽にご相談くださいませ。

    お問い合わせ内容(必須)
    御社名・ご担当者名(必須)
    メールアドレス(必須)
    電話番号
    お問い合わせ内容
    お預かりした個人情報は大切に保管いたします。
    個人情報の取り扱いの内容をご確認いただき、ご同意のうえお申し込みください。

    Contact

    「コンサルティングや制作、広告運用の事例を教えてほしい」「集客を増やすためにどのような手法があるか、客観的アドバイスがほしい」「とりあえず、今のサイトを見てアドバイスがほしい」など、具体的な相談内容が決まっていない場合でも、お気軽にご相談ください。

    Copyright © (株)カジヤ All Rights Reserved.